TEL : 022-266-6510 資料請求

合格者の声

合格した先輩たちの体験談を紹介します。

2014.03.07 S・Tさん 宮城第一高校出身 岩手医科大学医学部合格

進路担当者より

(センター試験前)体調が悪くても休まず頑張った一人です。医ゼミ1年目は課題も多く応用段階での模試結果は50台中盤でした。2年目の今年は課題も減り模試結果は60台中盤まで上昇しました。国公立2次では、英語・数学において若干不安があり、センター試験の結果が合否を左右すると思います。私立医大については合格ライン上にあり十分に可能性があります。

(センター試験後)センター試験では約8割の得点で国公立医学部に2次試験で逆転合格するのは、かなり厳しいと思います。そこで私立医学部に全面的にシフト変更して頑張った方が医学部合格への近道と思います。

本人より

今年は最後の受験として精一杯頑張りましたが、センター試験の結果、国公立医学部の可能性が少なくなり、私立医学部に切り換えたつもりでしたが、気持ちの整理が付かず非常に苦しい受験でした。その状況下で、岩手医科大学医学部に合格できてうれしいと言うよりはほっとしています。

2014.03.07 N・K君 日大山形高校出身 岩手医科大学歯学部合格

進路担当者より

無欠席で一年頑張りました。医ゼミには2年間在籍しましたが、一年目は40前後、二年目は50前後と確実に成績が伸びてきました。ところが本人の希望している私立医学部の合格ラインにはまだまだ不足しています。そのため、医学部受験だけではなく、私立歯学部受験であれば合格ライン上にあり合格の可能性が大きいと思います。 

本人より

本当は医学部にいきたかったが、最後まで医学部を目指して頑張った結果だから納得している。今は、岩手医科大学歯学部に合格できてホッとしている。

2014.03.07 T・N君 県立福島高校出身 東海大学医学部合格

進路担当者より

(センター試験前)基礎段階の1学期までは、総合で70を越え順調でしたが、2学期の応用段階に入り受験のプレッシャーのためか、欠席が目立ち成績も60台に落ちて来ました。現段階では、国公立医学部センターBラインまで20点程下回っていると予想されます。センターに対して自信があるように見受けられ、過信が油断とならないことを望んでいます。

(センター試験後)特に得点が伸びていなかった国語が良かったが、自信があった英語・数学で大失敗でした。福島県立医科大学のセンター得点は8割を切り非常に厳しい受験となりました。国公立から私立医学部へのシフト変更と、国公立医学部では大逆転を目指すしかありません。

本人より

センター試験後の自己採点の結果、国公立医学部の合格が厳しいため、来年もう一年覚悟しました。最後に私立で一番いきたかった東海大に合格できて本当に嬉しいです。前年度は部活引退後受験勉強を始めたので現役合格は難しくプレッシャーもかからず勉強できましたが、医ゼミでは国公立医学部合格ライン上となり2学期から初めて受験のプレッシャーがかかり不安でした。最後にそのプレッシャーを乗り越えて合格できたことは今後の自信になると思います。

2014.03.07 T・Y君 横手高校出身・弘前大学医学部合格

進路担当者より

(センター試験前)前年度(現役)では、センター8割5分弱で、逆転をかけての2次に臨みましたが、得意の数学が思ったよりも不振で不合格でした。本年度は、前年度の教訓を生かし授業・模試すべてに万全の取り組みでした。そのため、国語に若干不安があるものの順調な成績を収めてきました。2学期応用段階の総合成績は国公立医学部の合格ラインを超えており、今後油断せず普段通りに取り組んでいけば問題ないと思う。

(センター試験後)センターの結果約9割となり、二次では英語・数学・理科が非常に安定しているので、二次の配点も高い弘前大学(医)を選択しました。センターの得点が合格ラインを超えているが、センターの得点は忘れて二次に集中し実力通り発揮できれば合格できると思います。

本人より

今年は非常に充実した一年だったと思います。9月に受験した防衛医科大で一次に合格(二次は受験せず)し、学力に自信がつきました。センターでは国語にミスがあり若干失いましたが目標の得点に到達できました。二次の選択ではより確実に合格できる大学を考え、弘前大学医学部を選択しました。二次では大きな失敗もなく順調に合格することができました。

2014.03.07 H・S君 仙台南高校出身・山形大学医学部合格

進路担当者より

(センター試験前)授業は無欠席で休講日でも朝から夜遅くまで休まず勉強していました。最近では最も勉強した人と言えます。9~11月の総合成績は、国公立医学部ラインに一歩足りないところに位置しています。数学・理科は、非常に成績が良いのですが、英語・国語・社会など文系科目に不安定な状況です。特にセンターでは得点の多い英語・国語の出来がポイントとなりそうです。

(センター試験後)センターでは英語・国語とも運良く9割前後で総合点が8割8分となり、国公立医学部のラインを超えることができました。二次では苦手の英語がなく得意の数学・理科で勝負ができる山形大学医学部を選択しました。十分に合格する可能性があり頑張って欲しい。

本人より

今年一年間は休まず本当に勉強しました。2学期頃は、一時自信を失いかけましたが、先生方や受験生仲間によって立ち直れました。センターでは運良く英語・国語が高得点となり、チャンスは今しかないと思いました。二次は、自信科目の数学・理科だけで受験できる山形大学医学部を受験、合格できました。すべてに感謝です。夢のようです。

1 23

コース案内・料金

土日の高1クラス、夜間の高2クラスなど、生徒の目的・希望にあわせて選べるコースがあります。

Read More

合格者の声

合格した先輩たちの体験談を紹介しています。

Read More

バックアップ

第一希望大学合格までをバックアップする環境が整っています。

Read More

Q & A

よくあるご質問をQ&A形式でお答えいたします。

Read More